巨大すぎる遊具に圧倒されます!「馬見丘陵公園」(奈良・河合町)

奈良県では奈良公園の次に広い公園となります。
奈良公園は鹿のイメージが強いですが、馬見丘陵公園は「古墳」。
公園内に数々の古墳が点在しているのが特徴です。

広大な馬見丘陵公園は緑が多い緑道エリア・大型遊具や広場がある北エリア・有名史跡やバラ園がある中央エリア・春まちの丘やタダオシ池などがある南エリアという4つのエリアから構成されています。
子供たちと行くには遊具が充実している北エリアですね。
噴水や砂場、大きな大きな花壇もあるので北エリアだけでも一日過ごせます。
レストランや茶屋もあるのでホッと一息休憩するにも事欠きません。

(写真と本文は関係ありません)


ケタ違いの巨大遊具


馬見丘陵公園の巨大遊具は「巨大な遊具」としか表現のしようがないくらいです。

円形になっているエリアがあり(その円形も巨大!)2階建ての円形エリアから階段を上って少し休憩してまた上ればそこからは長い滑り台。
ローラー式になっていてよく滑るらしく、子供たちの歓声が絶えません。

巨大な円形エリアへの上り方もいろいろあって、階段あり、はしごあり、ちょっとしたボルタリングあり。
長い滑り台は怖いという子供でも、ここだけで十分楽しめます。

巨大砂場


馬見丘陵公園は砂場も巨大!広すぎて砂場だと気づかないくらいです。
近所の砂場もこれくらい大きければケンカしないのに!砂遊びし放題です。

階段と滑り台がついた、巨大遊具と比べたらかわいらしすぎる小さな遊具が併設されていて、これなら小さい子でも何度も滑って楽しめそうです。

水遊び


馬見丘陵公園では水遊びもできます。
巨大遊具の近くには徒渉池があり、さすがに水泳などはできませんが、小さい子がパチャパチャ遊ぶには最適です。

池の中にある岩には目立たぬように穴が開いていて、時折噴水が出る仕掛けも。
池の周りには腰掛けられるベンチもあり、着替えにも利用できる屋根付きスペースもあり、親にとっても至れり尽くせり。

夏場に馬見丘陵公園に行くときは子供の水着を忘れないようにしましょう。
(噴水が出るのは4~9月の10~16時です)

利用時間


馬見丘陵公園自体は24時間立ち入り自由ですが、店舗や駐車場などは営業時間があります。
北駐車場は年中無休8~18時(但し季節により変動)など。

住所


〒636-0062 奈良県北葛城郡河合町佐味田2202


アクセス


電車の最寄り駅は近鉄田原本線「池部駅」です。そこから緑道エリアの入口まで徒歩2分。
一見何もない駅ですが、歩道が整備されていてわかりやすい道です。

または近鉄大阪線「五位堂駅」から奈良交通バスに乗るルートもあります(バス乗車は15分ほど)。「馬見丘陵公園」停留所で下車。
近鉄田原本線に乗るのはちょっとわかりにくい(JR大和路線、近鉄生駒線王寺駅、または近鉄橿原線田原本駅で乗り換え)ので、大阪の鶴橋や上本町から一本で来れる五位堂駅経由の方がいいかもしれません。

車で来るときの最寄りのインターチェンジは西名阪自動車道の法隆寺ICです。そこから県道5号線を経由して行くのがわかりやすいです。